家を空けている間はリロケーションをすると稼げる

マンション経営の管理方法

マンション

自主管理にはないメリット

不動産投資をする場合に、マンションの管理をどうするかが大きな問題になります。マンションの管理は入居者の住環境を良好に保つために必要です。空室リスクを減らすためにも、きめ細かいマンション管理を行うのです。マンション管理には自主管理とマンション管理会社の2つの方法があります。多くのオーナーがマンション管理会社を利用しているのは、それだけメリットがあるからです。最も大きいのが節税メリットです。マンション管理会社に委託すると、家賃収入の何パーセントかを手数料として支払うことになります。それを経費として計上できるので、自主管理するよりも有利です。またマンション管理会社に委託すれば、家賃の集金や滞納者への対応、空室対策などを任せられるので、オーナーは他の仕事に専念できるというメリットもあります。不動産投資をしているオーナーは他にメインの仕事を持っていたり副業を行っているケースが多いので、その時間を作るためにもマンション管理会社に委託する方がいいわけです。アパート経営と違ってマンション経営は個数が多くなります。オーナーが1人で自主管理をしようとすると、とても手が回らなくなります。特に住民トラブルが起こった時の対処が大変です。マンション管理会社は管理の専門家なので、建物や設備の維持管理、住民トラブルの処理などに素早く対応してくれます。長い目で見た場合、マンション管理会社に委託する方がマンション経営は成功しやすいのです。